読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームキューブが友達だった私が選ぶおすすめ名作ソフト

かにかまです。

 

ゲームキューブってソフト数が少ない割りに名作ソフトが多いと個人的には思います。

また、4人プレイができるソフトが多いのも魅力ですよね。

 

今回は、ゲームキューブが友達だった私が選ぶ名作でオススメなソフトを紹介したいと思います。

 

 

カービィのエアライド

 

カービィのエアライド

カービィのエアライド

 

 amazonより

   NINTENDOの人気キャラクター、カービィエアライドマシンでコースを駆けめぐる爽快アクションレースゲーム。簡単な操作で豪快にマシンをコントロールできるので、初心者にも楽しめるレースゲームだ。空中に浮かんで走るエアライドを駆使し、ファンタジックな3Dコースをライバルよりも早く駆け抜ける。シンプルな操作、ルールでありながら、プレイヤー次第で奥がどこまでも深まってゆく。

   Aボタンとコントロールスティックだけの操作が基本だが、地形やタイミングに合わせた工夫次第で、ドリフトなどのいろいろなアクションが実現できる。ボタンひとつの操作にテクニックの全てが隠されているのだ。レース中、特に対戦モードではライバルとの駆け引きも熱い。相手を出し抜くためにAボタンを押すタイミングにすべてをかけることになるだろう。20種類以上登場する個性派エアライドをいかに使いこなすかが勝利へのカギだ。

   プレイモードは「エアライド」のほか、2Dの簡単モード「ウエライド」、マシンの育成と対戦モード「シティトライアル」の3つがある。最大4人までの対戦プレイができるので、バラエティにとんだ競技で、テクニックとエアライドマシンの性能を競い合おう。

もう、ゲームキューブの最上位の神ゲーですよね。マジで。

シティトライアルでマシンを育成するシステムを考えた人は天才だよね。

Aボタンとスティックだけで操作できるので簡単。

今でも人気で中古の値段もかなりついていて手が出ないと思うけど値段以上の価値はあるソフトです。おすすめ。

 

大乱闘スマッシュブラザーズDX

 

大乱闘スマッシュブラザーズDX

大乱闘スマッシュブラザーズDX

 

 amazonより

   ニンテンドウ64で発売され、瞬く間に世界的ヒットを記録した大乱闘スマッシュブラザーズの続編。マリオやリンク、サムスといった任天堂のキャラクターが一堂に会して戦いを繰り広げるアクションゲームで、最大4人まで同時に対戦できるところが大きなポイント。

   簡単操作で多彩なアクションが出せるようになっていて、誰でも楽しく対戦できるようになっている。その「パーティーゲーム」の側面をもっている点が前作から続く魅力。本作でパワーアップしたところは、最大64人まで参加できるトーナメントモードの追加、対戦ステージ&操作キャラクターの増加、対戦システムの改良など。一見『スーパーマリオブラザーズ』を思わせる新モードも追加され、1人でも大人数でも楽しめる作品に仕上がっている。

 これもまた神ゲー

アクションゲームが苦手な人でも楽しめるお手軽格闘ゲームな側面もあり、今でも大会が開かれるほどのコアな上級者も楽しめる誰でもおすすめできる。

往年の任天堂キャラクターを操作できるのは唯一このゲームだけ。

また、フィギュアというコレクター要素もあり一人でも楽しめる作りとなっていておすすめ。

 

ゼルダの伝説 風のタクト

 

ゼルダの伝説 風のタクト

ゼルダの伝説 風のタクト

 

 amazonより

   任天堂のもうひとつの顔ともいうべきビッグタイトル『ゼルダの伝説 風のタクト』。「もしもアニメーション映画の主人公を自在に動かすことができたなら」という願いをかなえてくれるソフトの登場だ。

   今作は、「トゥーンレンダリング」というグラフィックの表現方法を採用している点がポイント。3Dのグラフィックを2Dのアニメーション風に表現する技術で、味のあるかわいらしいゲーム画面を再現している。

   そして、この「トゥーンレンダリング」技術をうまく使い込んだゲーム内容の完成度にも注目したい。リンクが目の動きなどを使ってふりまく豊かな「喜怒哀楽」が、ゲームの謎解きにかかわってくるなど、プレイヤーの感情移入を高めてくれる演出が随所に盛り込まれている。

   妹をさらわれ数々の困難に立ち向かってくというリンクのストーリーは、子どもだけではなく大人にも感動を与えてくれるに違いない。

 いつもと違うかわいらしくデフォルメされたリンクが冒険するという作品。

この可愛らしい絵柄だが、なかなかやりごたえがある謎解きと結構シビアな操作を求められるのでボリューム感があるソフト。

また、アニメを見るかのような映像で戦闘中なんてのは迫力がすごいです。

BGMもなかなか民族音楽みたいで臨場感あふれてイイ!

 

動物番長

 

動物番長

動物番長

 

 amazonより

  弱肉強食、食物連鎖自然淘汰…。そんな自然界の掟をテーマにしたゲームである。狩って食って、メスにモテて、コウビして、百獣の王となるのが最終目標。

   プレイヤーはまず「無色動物最初類」のブタとなり、色のついたドーブツを狩ってその肉を食らう。狩るドーブツは色ごとに特徴が異なり、「黄畜類」、「赤翼類」、「青爬類」、「紫乳類」、「灰獣類」と種類が分かれている。同色の肉を食らうことで、その系統へとヘンタイして強くなっていく。

   そして「動物班長」や「動物級長」を倒し、さらに特別なナマニクやナマボーンを食らう。そうするとメスが寄ってきてコウビができるようになり、子孫を残すことでできる。その代は死を迎えてしまうが、新しい代へと血は受け継がれ、能力を引き継がせることができる。テーマ自体は生々しい感じはするが、任天堂らしく楽しくおかしく、ゲームとしてうまくまとまっている。

グラフィックを見たときなんやこれ!!?ってなる個性的なソフトですがハマってしまうこのゲーム。

ゲームキューブでは珍しい1人用ソフト。

弱肉強食の世界で、自分以外の動物を追っかけまわし食べていくアクションゲームですが、パズル的要素もあり単純そうで複雑なシステムとなっています。

クリアするのにあまり時間はかかりませんが、2週目もやってみたくなる不思議なゲーム。

 

スーパーマリオサンシャイン

 

スーパーマリオサンシャイン

スーパーマリオサンシャイン

 

 amazonより

   任天堂が世界に誇る人気キャラクター、マリオが活躍する3Dアクションゲーム。今回マリオが活躍する舞台は、南の島ドルピック。ピーチ姫とバカンスにきたマリオは、なぜか島じゅうを汚した犯人にされてしまう。そこでマリオは水をまくポンプを背負い、島中の汚れを落として回ることになる。水と緑の自然に恵まれた島の美しいグラフィックと、広く自由度の高いフィールドは、走り回るだけでも純粋に楽しめるほど魅力的だ。

   基本操作はジャンプ、キックなどのおなじみのアクションに加えて、金網にぶら下がりながらの移動や綱渡りなどの新アクションを追加。より自由度の高い豊富なアクションを楽しめるようになった。なかでも注目は、マリオが背負っている新兵器のポンプ。これは水を勢いよく放出するアイテムで、島じゅうの汚れを落としたり敵を攻撃したりとさまざまな用途で使用可能。このアイテムをいかにうまく使いこなすかが、今作を攻略するうえでのカギ。

   キャラクターでは、今までのシリーズでマリオの頼もしい相棒だったヨッシーやピノキオなどをはじめ、個性豊かな島の住民たちも数多く登場。これらがどのような形でマリオに関わってくるかも注目ポイントだ。ギミックいっぱいの広大なフィールドでの出会いや戦いなどは、まさに冒険そのもの。子供から大人まで安心してオススメできる良質のタイトルだ。

 スーパーマリオ64の続編であるこのソフト。3Dでぐりぐり操作できる爽快感がたまらない。

64からゲームキューブのグラフィックの成長に感動した覚えがあるゲーム。

背中に背負ったポンプを使い、これまでのマリオに無かったさまざまなアクションを巧みに駆使しクリアを目指していく。

私がへたくそなのかもしれませんが、結構クリアするのに苦労した覚えがあります。

  

カスタムロボバトルレボリューション

 

カスタムロボバトルレボリューション

カスタムロボバトルレボリューション

 

 

Amazonより

 そのタイトルが示すとおり、ロボットを自分の思うままにカスタマイズして戦っていく対戦アクション。1999年12月にNINTENDO64で発売された作品から続く人気シリーズで、GAMECUBE版の本作はその4作目となる。約200種類用意されたパーツを自由に組み合わせ、オリジナルの最強コマンダーを作るのが主な目的となっており、シナリオモードと対戦モードがともに強化されている。

   シナリオモードは1人でじっくり遊ぶためのもので、チュートリアルも兼ねたこのモードで戦いのノウハウやより強いロボの制作術を学び、対戦モードやアーケードモードに挑んでいく。また、このシナリオモードはバトルの基本がつめ込められた「旅立ち編」と、エキスパートへの道を究めていく「激闘編」の2部構成となっており、テンポのよいストーリーと相まって緊張感あふれる展開を楽しむことができる。

   対戦モードは友だちやCPUを相手に戦っていくもので、本作の目玉ともいえるモード。最大4人までの同時プレイが可能になったのが最大の改良点で、シングル戦、2on2、タッグ戦、1vs2ハンディキャップ、バトルロイヤルの5つの対戦方式でバトルを楽しむことが可能だ。

   そのほか、シナリオモードの旅立ち編をクリアーすることで遊べるようになるアーケードモードは、カスタマイズされたCPUと連続バトルを行っていくというもので、より強力なロボを作るために役立てることができる。(田村 雅)

 ストーリーで集めれるパーツを使って自分だけのロボットを作ることができちゃう。

これがマジで面白い。4人対戦で友達と遊ぶのがカオスでほんと楽しい。

 

ビューティフルジョー

 

Viewtiful Joe

Viewtiful Joe

 

 

 Amazonより

   ド派手なエフェクトと冴えまくったカメラワークが目を引き、独特なアメコミ調のキャラクターたちが画面狭しと動き回るのが魅力のアクションゲームの真打ちが、ついにNINTENDO GAMECUBEに登場する。

   本作は、映画の世界に連れ去られてしまったガールフレンドのシルビアを救うため、主人公である青年ジョーが憧れの銀幕ヒーロー・キャプテンブルーの力を借りて悪との闘いを繰り広げていくというゲーム内容。VFXパワーを使いこなし、ときにはすさまじい速さで、ときにはスローモーに立ち回り、はたまたズームインで必殺技をキメるなど華麗に敵を倒していかなければならない。

   まるでイラストのように詳細に描き込まれたグラフィックだが、目まぐるしくカメラアングルが変化し、リッチなエフェクトとともに動きまわるキャラクターたちの姿は圧巻のひと言。ジョーの一挙手一投足に酔いしれ、コントロールを介して体で感じよう。(西 正行)

世界観が映画の中という面白いゲーム。

スローにプレイできたり、早送りでプレイしたりできてなかなか面白いギミックがあって当時新鮮だった。 

 

マリオテニスGC

 

マリオテニスGC

マリオテニスGC

 

 Amazonより

NINTENDO64GAMEBOY版としてリリースされ、スポーツゲームファンだけでなく、幅広い層から支持されたマリオテニスが、GAMECUBE版として登場。最大4人までの同時プレイが可能で、よりいっそう楽しめる内容になっている。

   ゲームの基本はテニスだが、「マリオ」を名乗るだけあって、面白いギミックが豊富に用意されている。たとえば、テニスをするコート。『マリオサンシャイン』や『ルイージマンション』など、これまでのマリオシリーズをテーマにしたコートが用意されている。また、最近のマリオシリーズだけでなく、原点ともいえる「マリオブラザース」をテーマにした「マリオクラシックコート」もあり、昔からのファンにはたまらないだろう。

   登場するキャラクターごとに、独特のショットが設定されており、ゲームを盛り上げるカギになっている。マリオの場合、巨大ハンマーから放たれる炎のショット「アイアンハンマーショット」が、ワリオの場合、大リーグ養成ギプスのような筋力増強ギプスを装備して打つ「サンダーギプスショット」など、その内容もユニークだ。年齢層を問わず、白熱のプレイが楽しめる。(羽根満男)

私は64のときからマリオテニスにドハマリしていまして、これを発売したときはすぐに食いつきましたよね。

64版に無かった必殺技システムや、さまざまなギミックが盛り込まれたコートもたくさんありやりごたえ抜群です。

この必殺技システムであまり得意じゃない人でも上級者に立ち向かうことができるのでいいなと思います。

勝負の分かれ目で必殺技を使うのもバトルを熱くさせて興奮します。 

 

あつまれ!!メイドインワリオ

 

あつまれ!! メイドインワリオ (ワリオのすごろく付)

あつまれ!! メイドインワリオ (ワリオのすごろく付)

 

 

 Amazonより

    次々と流れてくるミニゲームを瞬間的にクリアしていくやりこみ型アクションパーティゲームだ。GAMEBOY ADVANCE版からNINTENDO GAMECUBE版に移植された本作では、さらにミニゲームを最大4人まで対戦プレイができるようになった。200以上ものミニゲームは、どれも手軽に楽しめるものばかり。「最多・最短・最速」がコンセプトなだけに、怒涛(どとう)のようにおしよせるアクションゲームを次から次へと制覇する快感を楽しめるのが特徴だ。

   多人数プレイに重点が置かれるようになった本作では、ゲームそのもののほかにもルールが加えられ、パーティで競争する遊び方もできるようになった。4人同時にプレイしたり、順番にプレイしたり、ルールによって順位と勝敗が決まるのだ。たとえば「ふうせんパーン」というルールでは、画面内の風船が割れるまでミニゲームを順番にプレイしなければいけない。プレイしていない人間は連打で風船をふくらませ、風船が割れたときにプレイしていた人が負けとなる。

   1人プレイモードももちろん収録しているが、みんなで集まってプレイすれば一気に盛り上がれる魔法のゲームだ。GC版ではさらにやりこみ度が増しているので要注意だ。さらには、裏と表で2種類のゲームができる「ワリオすごろく」が付属しているので、これ1本あれば、すぐにパーティが始められるはずだ。(江口謙信)

 1ゲーム15秒で終わるミニゲームが200以上入っているこのゲーム。

テンポがかなり良く時間を忘れて夢中になれます。

4人対戦にも対応しており、みんなで集まってプレイしたら確実に盛り上がります。

シンプルなゲームしかないのでゲームが苦手な人でも楽しめるゲームキューブソフトです。

 

ルイージマンション

 

ルイージマンション

ルイージマンション

 

 

 Amazonより

   部屋の隅々までリアルに描きこまれた屋敷内を、ルイージが探検するアドベンチャーゲーム。ある日、ルイージのもとに「あなたに大きなお屋敷をプレゼント!」という通知が届く。喜び勇んでその家に行ってみると、そこは不気味なオバケ屋敷だった…という設定だ。プレイヤーはルイージを操作して、先に到着しているはずの兄マリオを見つけ出すことが目的となる。懐中電灯の光をたよりに屋敷のいたるところに出没するオバケたちを見つけ出し、掃除機で吸い込むことによってゲームは進行していく。

 「マリオ」シリーズの流れをくむ本作品には、パズル的な謎解きやアクションシーンがふんだんに盛り込まれ、往年のファンを飽きさせない作りになっている。ツボを得た演出と緻密で迫力あるグラフィックは、ニンテンドーゲームキューブ版になってさらに磨きがかかったといえる。(中田和志)

 

ちびロボ!

 

ちびロボ!

ちびロボ!

 

 

 amazonより

ちびロボとは、一家に一台のお手伝いロボットである。サンダースン一家が住む家の中を身長10センチという小さな体を使って、掃除から捜し物の発見、悩みの解決まで様々なことを、3DCGで描かれたフィールドの中、右往左往してこなしていく。ちびロボの動力は内蔵されているバッテリーであり、バッテリーが切れると行動不能になってしまうため、適時家の中にあるコンセントで充電をしなければならない。また、ちびロボは喋ることができないため、意思表示には○か×を使う。

おつかいゲー。

小さいロボットのちびロボを操作して家族のハッピーを集めていくゲーム。

小さいちびロボの目線で家の中を探検するのは楽しい。

探検したり掃除したりしているうちにストーリーも進んでいくので結構ゆっくりストーリーが進んでいきます。

ほのぼのしたい人にオススメ。

 

さいごに

 ゲームキューブは生産数が少なく田舎だと中古ソフトはあまり見かけませんが良作の作品だらけですので多少値段が高くても購入してもいいと思います。

みなさんも良いゲームキューブライフを。